Word使い方、Wordのマニュアルをお探しの方へ。Wordって難しいですね。Wordは特に初心者の方にわかりやすく解説してくれるマニュアルが必要だと思います。できればWordの操作、Wordの講習、Wordの講座、Word入門、Wordの教室 学校 スクール 講習会の情報も欲しい。わかります、その気持ち。Word初心者にはなかなか独学でマスターするの難しいですから。このサイトはそんな方々へWordの使い方、Wordのマニュアル、Wordの操作、Wordの講習、Wordの講座、Word入門、Wordの教室 学校 スクール 講習会 情報を探すのにお役立てれば光栄です。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★Word 検索はこちら!★
TopWord 紹介 >文書作成ソフトWordについて

文書作成ソフトWordについて

Word使い方、Word講習、Word教室などWord情報をお探しの方へ。まずはじめにWordの概要をご紹介します。(wikipediaより)

Microsoft Word(ワード)は、マイクロソフトがWindows及びMac OS X向けに販売している文書作成ソフトウェア。Excelとともに、同社のオフィススイート、Microsoft Officeの中核をなすアプリケーションである。一般的にMicrosoft Wordはワード(WordまたはMS-Wordとも)と呼ばれることが多いが、「ワード」と名称が付く商品名や商標名は他にもあるので別の製品でワードと呼称する際は注意が必要である。

来歴
1983年5月、Multi-Tool Wordの名前でXenix向けに発売された。 この最初のWordは、同社初のグラフィカルユーザインタフェースを採用した製品であり、Microsoft Mouseという名前のマウス製品が同時発売となった。初期のWindowsは、この初代Wordで採用されていたインターフェイスを採用しており、このWordを開発する際に構築された開発ライブラリ名がWindowsと呼ばれていたとされる。

日本市場においてワープロソフトと言えば、DOS時代からジャストシステムの一太郎が絶対的なシェアを持ち、文字数指定や縦書きといった日本語特有の機能に劣り、尚かつ日本語入力ソフトであるMS-IMEに難があったWordは苦戦を強いられていた。その後、ライバルの機能を貪欲に取り込み、Windows上でWordを軽く動作するようにする、日本語処理を強化するとともに、Excelの人気をテコにしたバンドル(抱き合わせ)戦略を強引に推進することでシェアを高めていった。2007年現在のシェアでは、Wordが圧倒的に優勢となっている。但し、日本語ワープロ市場におけるシェアは他のワープロソフトとは違い、ソフトの性能等により自然と拡大したわけではなく、EXCELとの抱き合わせ商法により半ば強引に拡大している。証拠にソフトの性能も現時点でも決して高くない評価が出ている事も事実である。細部は下記の「日本語版の操作性に関する評価」を参照されたし。

最新のバージョンは、Windows用が「Word 2007」、Mac OS X用が「Word 2004」。ただしバージョンによって互換性に問題があるため使う際には注意が必要である。 余談だが、日本語版のWindows用WordはVer. 1.2Aの次のバージョンがいきなりVer. 5.0だった。これは元々MS-DOS,Macintosh版Word,Windows版のWordのバージョンが異なっていた物を統一することになった時、米国ではWord for Windows 2.0の次を6.0とする事にしたのに対し、日本語版では1.2Aから5.0としたことによる(当時有力だった「一太郎」Ver.5対抗の為とも言われている)。

アメリカには罫線を書く習慣がないので、今でもルビ・罫線機能を追加した日本語バージョンだけは特別に作っている。

なお、Microsoft WordがWindows95(Office)として登場するまで、日本のパソコン通信におけるテキストファイルの拡張子は*.DOCが一般的であったが、マイクロソフトが「*.DOCはWordの基本拡張子」と定義してしまったため、一時的にユーザーが混乱し、「*.DOCでもWordの文書でなければ従来のテキストファイルビューアで開き、Wordの文書であればMicrosoft Wordで開く」という風変わりの拡張子判定プログラムが出回った、などの逸話がある。(海外ではテキストファイルの拡張子は*.TXTが一般的であった。現在は日本でもこの拡張子がテキストファイルの一般的な拡張子として浸透している)

日本語版の操作性に関する評価
日本そして各国ではシェアこそ高い地位を誇っているが、元々日本語用ワープロ専用機で作業をしてきた日本人の性格上、英文ワープロ機を基礎としたWordの操作性・使い勝手に不満を持つ者も決して少なくはない。具体的には

罫線が書きにくい、元々欧米で罫線という概念が存在していなかったため。
自由なレイアウト均等割付などに癖がある
画像の位置における微修正が効かない
フリーカーソルでないため白紙の状態での中途の位置からの入力に癖がある。途中から入力は任意の位置でダブルクリックを行わなければならず、入力に制限もある。(一太郎はシングルクリックだけでなく矢印キーでも移動可能)
文書編集に難がある
バランス修正に難がある。特に一度打ち込んだ文章の後部に付け加える際、行を変換後は無理な場合が多数。
表作成後のバランス修正に癖が強く必要に応じた追加などの変更が簡単にはできない。
操作を覚えるのに説明書が必要な程癖が強いソフトウェア。
全般的に自由な操作性に欠ける面が遙かに強い。
表を作成後、枠内の一部分に再び枠を作成する際細かい修正が不可能。若干の隙間がどうしても空いてしまう。
等がある。この点に関しては日本語版のWord固有の問題ではなく、元々の米国版Word(本家)の仕様上(元々がタイプライターを基礎としている上、システムの一部を日本語対応しているに過ぎない分日本語文章編集能力は他のソフトより遙かに劣る面が強い)やむを得ない事であるが、変換精度に不満のあるMS-IMEと共に批判され続けている。これらが原因で文筆業者や脚本家はMS-Wordを敬遠し、一太郎など他のワープロソフトを使用している場合もある。

その一方で、オートコレクト機能を利用して一般的な定型文書制作時に行われる挨拶文や起承転結部分のテンプレートを呼び出して入力を簡略化するツール等も追加されている。



posted by Word 使い方 at 00:38 | Word 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。